【UVレジン】ゼルダの伝説BoWアイスメーカー

というわけで今回は先日レジンで作ったアイスメーカーの裏話的なことについてお話しできればと思います。

もしよろしければ動画も一緒に見ていただけると嬉しいです。少しだけ編集にこだわってみました。最初と最後のほうだけですが。。。

そもそも何故アイスメーカーを作ろうと思ったのかというと、ゼルダ無双をやったことでゼルダ熱がまた再燃したからです。

他にもリアルなルピーとか作ろうかなぁなんて思ってたりします。

さて、アイスメーカーですが、作るのは割と簡単だろうと思って挑んだのですが、構想から完成まで1週間くらいかかってしまいました。

動画だとたったの10分で終わってますがw

まず困ったのがモールドがないことです。

単純な四角だし、あるだろうと思ってめっちゃ探したんですけど、いい感じのサイズが無い!

でかすぎてもレジンで固めるのが大変だし、小さすぎると模様を掘るのが大変なのですが、そんな都合のいいモールドは私の検索では引っ掛かりませんでした。

ちなみに私の作ったのは20mm×27mmサイズです。

はじめはいつも通り、石粉粘土で作ってみましたが、なんかきれいにできない…

補助があればと思って、厚紙で作った四角柱の枠に粘土を押し込んだりもしてみましたが、粘土って柔らかいようにみえて隙間に入っていかないんですねぇ…

角という角に粘土が入っていませんでした…角が取れて丸くなったね!っていらんわ。

とりあえずそこで半分あきらめてたんですけど、粘土より隙間に入っていきそうな液体系…レジンで作ればいいじゃんという意味不明な発想に至りまして…

レジンでレジンの型を取ってモールドを作るということに…

ただ、厚紙じゃ作れないし、アクリル買うのもなーってことでクリアファイルで試してみてダメそうだったらアクリル買おうと…

結果的にはこれで成功するので動画にはありますけど、いい感じになりました。

ただレジンが硬化する際にクリアファイルがレジンによって収縮するので、少しづつレジンを入れて固めて入れて固めてを繰り返して作りました。

それでもやはり歪んでしまうので、隙間にレジンを入れて凹みをなんとか修正。

むしろ盛り上がってるとこもありましたが、出てる奴は削ればいいんですよ。

そんなわけで型が出来上がるんですが、今回のポイントは実はもう一つあります。

おゆまるで作った型に蓋をしてきれいな面が本当にできるのか…という問題。

多分失敗するだろうなーと思いつつやってみたんですが、1発で成功でした。

こういうオリジナル作品作ってるときに自分が思い描いた作り方でその通りにできる時が一番楽しいと思ってます。

あとは動画の通り、ひたすら地味な作業が続きます。

次回は何作ろうかなぁ。最近の流行りがわからずネタが無くて困ってるおじさんでした。